フランチャイズ飲食店の演出力が勉強になった

今日はお休みをいただいて妻と昼食を食べに出かけに行きました。僕も妻も麺類が好きなのですが、なかでも蕎麦が好きでよく食べに行きます。(子供達には内緒で・・・)昨日の昼食も蕎麦屋が目に入ったので、そこで食べました。

中に入ると蕎麦の実を挽いている石臼の置物が動いていました。(子供が見ると喜びそうです!)店内はテーブルと暖簾で区分けされたテーブル、そして座敷もあって1階だけで50人くらいは入れるスペースがありました。囲炉裏のようなオブジェもあって、その周りに座ってカウンター形式のように使っている方もいました。

メニューは豊富で蕎麦やうどんもあって子供用の食べ物もありました。僕たちは天ざるそば(お昼のランチ)を食べました。麺類なので料理が出てくるのも早かったです。(従業員さんも多く、慌てていないことに感心しました!)周りを見てみると、ほとんどの方がお昼のランチを食べられていました。注文したランチは蕎麦でしたがうどんに変更できたり、通常の価格よりも安くサイドメニューをつけれたりと演出が凄かったです。とても勉強になりました。

そして、驚いたことに”蕎麦湯”が出てきたんです!これには本当に驚かされました。それも底にたまっているようなドロドロの蕎麦湯が出てきたんです。感動しましたね。プロの蕎麦屋でも出てこないような蕎麦湯だったので・・・他の職業の方からみると、食べるのが勉強だというと、うらやましがられますが今回もいい勉強にないました。

 

うなぎ料理 徳右ェ門