国産うなぎと中国産うなぎの安全性

以前、うなぎの値段が爆発的に上がった時に話題になった”国産うなぎと中国産うなぎの安全性”について。世間の意見では圧倒的に国産うなぎを支持しています。徳右ェ門にかかってくる電話でもよく聞かれるのが「そちらで扱っているのは国産うなぎでしょうか?」という質問。その言葉を聞くたびに、まだ日本人は中国産のうなぎのことを信用していないなと考えます。中国産うなぎは味に薬品のニオイがするなんて言われていたこともありましたが、実際の証拠がないので僕たち鰻屋には確かめる術がありません。それとは逆に国産うなぎだからといって身が柔らかくておいしいですよ!という確証もないのです。ましてや国産うなぎの王様である天然鰻の中には皮が分厚くて食べられたものではない!というものもあるくらいですから。そして通販となると最短でも当日お届けはできないわけですから一日はあくわけです。焼き上がりの色といったん冷めてからの色はまったく違うものになるのでこちらも必死になって焼くわけです。徳右ェ門では100%国産うなぎを扱っていますが、お客さんとしてはどうなのでしょうか?先日、徳右ェ門のファンの方が来ていただいてボソッと一言、「中国産うなぎでもおいしかったら僕はそえで大満足です!」とおっしゃっていました。僕自身、うなぎが大好きなので中国産うなぎでも国産うなぎでも天然うなぎでも、うなぎならどんな店のどんなうなぎでも一度は食べたいと思いますし実際に食べます。コンビニやマーケットにあるうなぎもバカにできませんよ。回転すしのうなぎの握りなんてけっこう美味いと思いますから。国産うなぎと中国産うなぎの安全性を誤解しているお客様にきちんと説明できるように、日々アンテナを巡らせておかないといけないなと思いました。

 

うなぎ料理 徳右ェ門