天気に振り回されながらも営業してます!

こんにちわ、五代目です。

ここのところ天気が安定しないので、お客さんの動きも緩やかです。うなぎの価格は過去最高値になりそうですが、今のところ値上げもせずにやっています。

鯉や鮒料理も好きな方が多く、それを目当てに来られる方も増えています。鯉や鮒の刺身を食べてからうな丼を食べるというのが流行っているのでしょうか。僕もけっこう好きな食べ方です。

鮒については漁師さんに注文すると手に入りやすいですが、鯉についてはなかなかいいサイズが手に入りませんね。

鮒のサイズというのはだいたい2kgで2人前にはちょうどいい大きさなのですが、鯉になるととれたとしても5kg以上のものが多いので2人前だと余るので使うのが難しいです。1mサイズになると10人でも余るかも?

でも、季節の食べ物なので人気があるのでしょうね。

さて、気になるうなぎですが価格が上がるのは想定内で予想を少しうわまるくらいですが、味の方はというと期待していただいていいです。今使っているのは去年獲れたシラスウナギが大きくなったうなぎです。そのうなぎのサイズがいい具合に大きくなっているので身も厚く食べ応えがあります。

徳右ェ門の割き方は関東風の背開き方(背中の方から包丁を入れます)なので、焼きあがった時に身が厚くなっています。関西風の焼き方をしていてうなぎを蒸さないので身が縮むこともありません。

帰りがけにお客さんが「身が分厚かって美味かった」と声をかけてくれることが度々あります。

4月くらいまではシラスウナギの漁がありますので(もしかすると延期もあり?)、これからどうなるのか楽しみな部分もあります。何かわかりましたら、こちらのブログで発信していきたいと思います。