うな重を注文するときは気合が入る!

こんにちわ、5代目です。

あなたがうなぎ屋さんへ
行ったときに注文するのはうな丼?

 

それともうな重ですか?

 

ちょっとした言葉の違いなのですが、
じつはお客さんにしてみると全然違うらしいのです。

 

うな丼はどこか大衆食堂のような響きがあって注文しやすいメニューです。

でも、うな重ってナゼか高級感がある感じがするらしいですよ。

 

うな重という言葉の響きに魅了されてしまうようです。

味は変わらないのに不思議ですよね。

 

徳右ェ門に来られるお客さんは年齢層も広く
若いカップルから家族の方たちやご年配の夫婦、
会社仲間や取引先の方との食事などたくさんおられます。

 

会計時にお客さんからお話しされるのですが、
「うな重を頼むときは気合が入るわ!」なんてことを、、、

 

うな重という言葉には、お客さんが構えてしまう何かがあるのですかね。

 

私もうなぎ屋さんで注文するメニューはたいていうな重です。

どこか構えているところはあるのでしょうかね。

 

うな重って蓋を開けた瞬間がたまらないです。

 

第一印象がうな丼のときよりもワクワク感をもっているのが自分でも分かります。

周りから見ると変に思われそうですが、ニヤけているかもしれません。笑 

 

うな重になると値段の方もうな丼に比べるとガーンと上がりますが、
それがまたいいんですね。

 

あ~、うなぎが食べたくなったので今日の賄いはうなぎにしようと思います!

 

 

徳右ェ門