【三方湖産】天然うなぎがとれる時期について

5月のゴールデンウィークが過ぎ三方湖の水温が上がってくると天然うなぎがとれ始めます。地元の漁師さんたちは、「待っていました!」とばかりに筒を使って天然うなぎをとります。うなぎは夜に活動する(エサを食べる)習性がありますので、前日にワナを仕掛けて翌朝に回収するという漁業法が多いです。

 

徳右ェ門では天然うなぎを漁師さんから買い、泥吐きをするため1週間ほどキレイな水の中で活かします。体から泥を抜いてからお客様へ提供します。

 

三方湖産の天然うなぎがとれる時期は、例年ですと5月~11月頃。大漁の年もあればまったくとれない年もあります。天然うなぎがとれる時期は毎年変わります。漁獲量も変わりますので、上記の期間中に来ていただいても提供できないことがあります。

 

天然うなぎを食べる目的で来られるお客様には電話で確認して予約していただくようお願いしております。店先でも天然うなぎの入荷を提示しておりますが、確実に食べたいというお客様は電話でご確認ください。

予約はこちら ⇒ 0770-45-0039